【キングの種族】ルナーリア族は月の民なのか【ワンピースネタバレ伏線考察】

Pocket

キングの種族はルナーリア族。900年前、レッドラインの上に住んでいました。そこにはDの一族を始めとした様々な種族が暮らしています。

そしてDの一族はどの種族が平等に暮らせるよう、大きな王国を作りました。しかしイム率いる連合軍は、それを快く思っていません。巨大王国と連合軍は800年戦争を続けました。

その結果、Dの一族は敗れてしまい。神の国は連合軍に奪われてしまいます。そして現在のマリージョアになりました。

キングの種族は月の民だった

Dの一族とルナーリア族は元々月に住んでいました。(Dは半月。ルナーリア族は名前に月が入っている)月には古代兵器の壁画があったので、2つの種族が作ったと思います。

高度な技術を持っていたので、悪魔の実も作ったかもしれません。元々悪魔の実は、戦闘ではなく月での生活を豊かにするため作りました。

のちに古代兵器と悪魔の実を持ちこみ、地球に降りました。そしてレッドラインの上に暮らしていましたが、800年の戦いで滅亡します。

ルフィ達とキングは一緒に天竜人を倒す

おでんの予言だと、カイドウを討った後、大海を分かつ戦いが始まるそうです。白ひげの言ったDの一族vs世界政府と一致します。なのでワノ国編が終わった後は、世界政府編です。

ルフィ達は、Dの歴史を背負い、世界政府と戦うでしょう。天竜人を倒せば長かった奴隷時代が終わります。キングは元々Dの一族側だったので、味方になるかもしれません。

Dの一族とルナーリア族が手を組めば天竜人を倒せると思います。ただ敵は世界最大の組織です。勝つにはカイドウの協力も必要になるかもしれません。前回の頂上決戦は白ひげ海賊団と組みました。今度は前回小競り合いを起こした百獣海賊団と組む展開になりそうです。私的に面白い展開なので、これもアリだと思います。