【ワンピースネタバレ】4皇vs世界政府。どっちが強い?

  • 2020年9月23日
  • 2020年9月24日
  • 世界政府
  • 299view
  • 0件
Pocket

世界政府は800年続いた巨大組織。そして4皇は海を支配する大海賊。政府と4皇どっちが強いか、その答えはまだ決まっていない。

この記事ではその答えを明らかにしていく。現在、世界政府は4皇を倒せずにいる。古代兵器を欲するあたり、自力で倒すのは不可能である。

また4皇は、単体で政府を倒すのは不可能。仮にカイドウは海軍に敗北している。カイドウは政府を倒すためビッグマムと手を組むことに決めた。

4皇が政府に勝つには4皇同士手を組まないといけない。

結論

お互い倒せないので、どちらとも互角。古代兵器を手にした方が勝利する。

世界政府が勝つには

ベガパンクが最新兵器を作れば、勝利が見えてくる。4皇を弱体化させる装置でも作れば、大将でも簡単に倒せる。ベガパンクの発明は、4皇にとって脅威である。

また古代兵器を超えた兵器を作る可能性もある。エネルギーを収束させた光線を討てば、さすがの4皇も1撃で倒せる。

4皇が勝つには

古代兵器の入手がカギだ。ビッグマムがプルトンを擬人化すれば、最強の部下が手に入る。自分の意思で、島を破壊するので、とてつもない脅威になる、

またマムも命令は絶対で、マムに逆らう者は島ごと吹き飛ばす。カイドウがマムと組んだのは、プルトンを擬人化させるためである。

古代兵器がマムの僕になった場合、政府は降伏するしかない。