【ワンピースネタバレ994】赤鞘9人男とヤマトが共闘!カイドウ討伐へ

Pocket

赤鞘の反撃!

カイドウは息を吸い込み、かまいたちを放つ。そしてお菊の腕を切断した。刀も折れ、お菊は戦えなくなる。

錦えもん「菊。これ以上は無理だ。逃げ延びてくれ」 お菊「錦様!私はここを死に場所と決めてます」 錦えもん「そうだったな!拙者達はここを死に場所と決めておる」 錦えもん「最後まで戦い抜こうぞ!」

錦えもんは左手の刀をお菊に渡す。 お菊は刀を受け取り、カイドウに向けた。

お菊「今度は油断しません!!」

カイドウ「ウオロロロ!!もう1発行くぞ!避けてみろ」

再び息を吸い込みかまいたちを放つ。お菊はかまいたちを見切り、カイドウに接近!そして華麗な一撃を入れる。お菊の入れた一撃に、錦えもんも一撃を加えた。

他の赤鞘もお菊と同じ場所に一撃を入れる。

カイドウ「全員で同じ場所を攻撃しやがった!!」 カイドウの傷が大きく広がり、血を流す

赤鞘は同じ場所を集中攻撃し、カイドウの傷を深めていく。思わぬ攻撃に焦りを浮かべるカイドウ。赤鞘はカイドウを倒すことができるのか?

カイドウは人型に戻り、金棒を振りかざす。

カイドウ「20年分の恨み!俺にぶつけてみろ」

 

ヤマト参戦!赤鞘と共闘

その一方でヤマトとササキが激突する。最初は互角だったが、ヤマトが流桜を覚醒させ、ササキを追い込む。ササキは魚人剣術でヤマトを斬る。

そして刀を振り、水流を起こした。ヤマトは避けて、ササキの横に回り込む

ヤマト「雷鳴八卦!!」 ヤマトの背後のカイドウの影が見えた。ササキ「カイドウさん!」

雷撃をまとった一撃がササキにさく裂。ササキは耐えきれず、倒れ込んだ。

ヤマトはモモの助を救出する

モモの助「ち、父上!!」 ヤマト「ええっ!!モモの助大丈夫だ。僕が守ってあげるからね!」

モモの助「拙者も父上と共に戦うでござる!」 ヤマト「うん!それでこそ光月家の跡取りだよ」

しのぶ「おでん様!おでん様なのですか!」 ヤマト「うんそうだよ!僕は光月おでん。ワノ国を開国するんだ」

ヤマト「君はしのぶだね!モモを守ってくれてありがとう」 しのぶ「モモの助様は光月家の跡取り。死んではいけないお方です。おでん様。早く頂上にいって錦様たちを!」

ヤマトとモモの助は、頂上にたどり着いた。そこには負傷した赤鞘たちがいた

錦えもん「モモの助様!」 お菊「もう1人のお方は」

カイドウ「ヤマト。どこに行ってた!宴ぐらい顔見せろ」

ヤマト「カイドウ!ワノ国を開国するためお前を倒す!!」

カイドウ「ウオロロロ!!やってみろおでん!」

カイドウはヤマトをおでんに見立て攻撃を仕掛ける。ヤマトは金棒で攻撃を受け止めた。

モモの助「頑張れ父上!!」 錦えもん「父上だと!まさかこのお方はおでん様の」 傳ジロー「生まれ変わりだというのか?」

錦えもん達は動揺する

カイドウ「おでんめ!女に生まれ変わったか!だが容赦しねえぞ!」

カイドウ(成長したなヤマト!俺は嬉しいぜ!俺を倒して百獣海賊団の跡目になってみせろ!!)

錦えもん達も続く

錦えもん「おでん様!よく戻られた!拙者たちも加勢するでござる」

イゾウ「皆でカイドウを倒しましょう!」

ヤマト「ああ!この戦い!僕たち光月家が勝つぞ」

ヤマト「10人揃った今ならこの技ができる!20年間練習したんだ」

ヤマトはカイドウに飛び込む 赤鞘たちも飛び込んだ

ヤマト&赤鞘「桃源十拳!!」