【ワンピースネタバレ992】キングの正体は鳥人族!悲しい過去も明らかに【確定】

  • 2020年10月13日
  • 2020年10月13日
  • カイドウ
  • 368view
  • 0件
Pocket

992話でキングの過去が描かれる。彼の種族は鳥人族。希少な種族で、キング1人しかいない。鳥人族は生まれながら強力な力をもっている。

そして炎ですべてを焼き尽くす。ある遺跡で、Dの一族と鳥人族が描かれている。壁画を見るとDの一族と鳥人族は親密だと伺える。

鳥人族の歴史をまとめると

・800年前、巨大王国と親交を結ぶ

・鳥人族はDの一族を守護する

・連合軍と戦うが、Dの一族は敗れる

・鳥人族はどこかへ消える

キングの悲しい過去

40年前、キング(8歳)はある集落で暮らしていた。この集落では30人の鳥人族が暮らしている。彼らはジョイボーイの再来に備え、隠れ住んでいた。

キングはジョイボーイの力になるため修行を続けている。ジョイボーイとはルフィのことである

ある日CP0が集落を訪れる。

CP0「鳥人族だな?」 族長「そうですが何か御用で?」

CP0「イム様の命令だ。貴様たちを始末する」 族長「どこに殺される必要が?」

CP0「貴様たちの力が政府にとって脅威だからだ」

族長「皆!!村を捨てて逃げろ!!わしは奴らを止める」

鳥人族「族長!俺達も戦います!」

鳥人族たちはCP0と戦った。鳥人族は炎を纏い、武器を振りかざす

そしてCP0と鳥人族が激突した。CP0は並外れた体術で戦うが、鳥人族の強さの前に無力だった。炎を纏った一撃に吹っ飛ばされ多くのCP0が犠牲になる。

その後、海軍大将3人が訪れ、鳥人族たちを倒していく。

残されたキングは

海軍大将は鳥人族たちを倒していく。両親もこの戦いで命を落とし、キング1人になる。キングは両親を失い、涙を流す。

そして海兵は幼いキングに銃口を向けた。

海兵「消えろ!この悪魔め!!」

その瞬間、カイドウが海兵を殴り飛ばす。

そして海兵たちを次々、倒す。海軍大将が迫るが、カイドウは雷鳴八卦で撃破した。

大将「こいつが百獣のカイドウ!なんてパワーだ!」

カイドウ「帰って元帥に伝えな!おれの首を取るなら頭数を揃えて来いと」

負傷した大将は、撤退する

カイドウは幼いキングを見つめ、頭に手を乗せる

カイドウ「お前も1人か…俺と来るか?」

キング「…」 カイドウ「俺の夢は世界の王になること!そして俺達のような種族が自由に暮らせる世界を作ることだ!」

キング「分かった!あんたについていく」

こうしてキングはカイドウの部下になる。現在は最高幹部となり、世界政府の脅威となった。