【ワンピース992話】ルフィの流桜がビッグマムにさく裂!【伏線考察】

  • 2020年10月11日
  • 2020年10月12日
  • ワノ国
  • 472view
  • 0件
Pocket

ビッグマムは再び起き上がり、麦わら一味に攻撃を繰り出す。強力なパンチを繰り出し、麦わら一味を吹き飛ばす。そしてマムは大暴れ。

エルハブの村を滅ぼしたリンリンそのものだ。

ギア4になったルフィはビッグマムにパンチを繰り出す。しかし無反応だった。どれだけ頑丈なんだビッグマム

ルフィは諦めず、コングオルガンを繰り出す。

しかしまったくのノーダメージ。カイドウに効かないなら、ビッグマムにも効かない。やはりルフィは何も学ばないのか。そして渾身のエレファントガン!

ビッグマムは笑いながら立っている。巨大な拳が顔面にさく裂するが、ビッグマムに通用しなかった。

ビッグマム「この程度かい?がっかりだよ麦わら」、ビッグマム「せっかく俺が来てやったんだ。もう少し頑張ってみろよ」

そしてルフィは再びエレファントガンを繰り出す。ビッグマムはまたかと呆れていた。

ルフィ「ギガエレファントガン!!」

 

するとビッグマムが大きくぶっ飛ばされ、白目をむいた

ビッグマム「ぎゃあああ!!」

ルフィはエレファントガンに流桜をまとわせ、ビッグマムを殴り飛ばした。流桜は内部破壊なので、ビッグマムに大きなダメージを与える

 

ひょうじい「麦わらの人、見事だ!あれをモノにしたな!」

ぶっ飛ばされたマムは、斬られたカイドウみたいだった

ルフィ「二度と来るなワノ国に!!」ルフィはビッグマムに追い打ちを入れる

しかしその時だった。

ルフィの背後にオロチが

オロチはルフィに噛みつき、地面に叩き付けた。ビッグマムは驚く。

オロチ「これでカイドウとは終わりだ!ビッグマムよ!わしと手を組め」

オロチ「麦わらを倒してやったぞ!」

ビッグマムは激怒し、オロチを殺す。戦いを邪魔されたことに腹だったのだ

ルフィは起き上がり、再びマムと対峙

ビッグマム「オロチの件は悪かった。おれが殺しておいた」

ルフィ「しししw俺もあいつ嫌いだった!もう1度戦おうビッグマム!」

ビッグマム「望むところさ!お前がここまでやるとはね!正直楽しみだよ」

ルフィは流桜をまとったガトリングガンを撃つ。ビッグマムは殴られ押されていく

しかし覇王色で跳ね返された ルフィ「うわ!」

そしてナポレオン【剣】を持ち斬撃を放つ。それを避け、ビッグマムにパンチを撃つ。

ビッグマムはルフィを掴み壁に叩き付けた。そこから足で踏みつける

ルフィ「うああああ!」

相手は4皇。流桜を習得したところで、勝つのは困難。それでもルフィは諦めない!モモの助との約束がある限り、戦い続ける。

ルフィ「モモと約束したんだ!この国を救って!」ビッグマム「しったこっちゃねえよ!お前を殺さねえと、顔潰れぱなしなんだよ!」

ビッグマムは4皇の威厳を取り戻すためルフィと戦う。

ビッグマム「おれに一撃を加えたお前を対等とみてやるよ!4皇の誇りにかけてお前を潰す」