サンジが覚醒!ジェルマの最高傑作だった【ワンピースネタバレ伏線考察】

Pocket

レイドスーツを着用した後、サンジに異変が。しかし戦闘力の低下は見られませんでした。

そしてクイーンは蛇のような姿になりサンジに巻き付きます。全身の骨が折れましたが、なんと自己修復しました。
さらにクイーンの剣を受けましたが、折れてしまいます。
イチジ達同様、外骨格が発現しました。サンジ本人は化け物になりたくないと言ってますが。サンジが覚醒したのは明らかです。

なぜ発現したのか?→レイドスーツを着たことで血統因子が活性化

レイドスーツを着たことで、眠っていた血統因子が活性化したからです。サンジだけソラが飲んだ劇薬の影響を受けました。その劇薬は血統因子を休眠させる効果があります。そのためサンジは普通の人間と同じでした。
そしてレイドスーツによって眠っていた血統因子が活性化します。それにより外骨格と自己修復能力が発現しました。
さらにイチジ達同様、超人的なパワーとスピードを得ると思います。
さらにレイドスーツを着ることで4皇幹部に匹敵する強さになりました。これで海賊王の両翼に相応しい強さになりました。

パンクハザード編で覚醒の前兆が

ヴェルゴとの戦いで脚の骨にヒビが入ります。しかしサンジは、問題なく動きまわっていました。おそらくこの時に自己修復能力が発現していたと思います。ただイチジ達にボコボコにされた時は、怪我が治っていませんでした。

自己修復能力とは、骨を修復させる機能かもしれません。

またナミとサンジが入れ替わった時、ナミはサンジの体が頑丈だと言ってました。おそらく外骨格が発現し始めてと思います。2回目のレイドスーツで、外骨格が完全に発現しました。

サンジはジェルマの最高傑作だった→感情を併せ持った最高傑作

サンジは外骨格と自己修復能力を得ました。ここまではイチジ達と同じです。しかしサンジは感情を併せ持っています。感情によってさらに強さを高めることができます。
その証拠としてサンジの脚の炎は、怒りによって威力が上がります。2年前は、敵の言葉で感情的になり、敵を圧倒しました。イチジ達は感情がないため、それ以上の力を出すことができません。
サンジなら怒りの感情で、更なる強さを引き出し、クイーンを倒せると思います。