ブラックマリアの能力はクモクモの実:モデル「Rosamygale grauvogeli」→ロサミガレ・グラウボゲリィ

  • 2020年12月9日
  • 2020年12月15日
  • ワノ国
  • 16694view
  • 0件
Pocket

飛び六胞は6人で構成された古代種幹部。ブラックマリアはその1人です。

988話では、古代種の蜘蛛に変身しました。サンジは虫が嫌いなので、ブラックマリアは天敵になります。そもそも女性なので、サンジは抵抗できません。

ブラックマリアは他のメンバーが倒すしかありません。倒すとしたら虫耐性があるウソップ・女性であるナミでしょうか。

ウソップ・ナミはうるティにやられたので、ここらで名誉挽回して欲しい。

古代蜘蛛「Rosamygale grauvogeli」とは 

古代に生息したトタテグモの仲間です。Rosamygale grauvogeli「ロサミガレ・グラウボゲリィ」は、土の中に巣を作り、獲物を待ち受けます。巣の近くに来ると、飛び出して獲物を捕らえます。一瞬なので、肉眼でとらえるのは困難。

小さい蜘蛛ですがブラックマリアが変身することで、巨大な大蜘蛛になります。動きも速いので、相手を一瞬で捕食できます。

またRosamygale grauvogeliは土蜘蛛です。穴掘りが得意で、地中からの攻撃が非常にやっかい。

地中からだと、ナミの雷・ウソップの狙撃がまったく当たりません。地中から素早く捕食するので、ページワンの数倍危険です。

言い忘れてました!ブラックマリアは蜘蛛なので天井や壁も這いまわります。素早く這いまわり、相手を翻弄します。そして相手の死角を狙い、とびかかります。

ブラックマリアが蜘蛛である伏線

  • 大好物→古代の肉食動物
  • 997話の蜘蛛の巣→蜘蛛のスマイルがいない。マリアが張ったもの
  • 女郎→女郎蜘蛛
  • 998話のタイトル「古代種」→蜘蛛の古代種

蜘蛛の巣+女郎蜘蛛+古代種=古代種の蜘蛛になります。

ブラックマリアの攻撃をまとめると

  • 蜘蛛の巣よる拘束(サンジでも拘束が解けない。非常に頑丈)
  • 毒液を飛ばす(鋼鉄も一瞬で溶かす)
  • 地中から攻撃(地中から飛び出して相手を捕食)

こんな感じですね。ブラックマリアは糸で拘束して、相手を一瞬で捕食します。糸だけは喰らいたくありません。

また毒液を飛ばして、相手を溶かします。遠距離攻撃もできるので、隙がありません。

 

 

古代種という点も厄介

うるティとページワンは、強力な攻撃を受けても、ビクともしません。クイーンに至っては、ビッグマムの攻撃をしっかり耐えています。

しかし古代蜘蛛Rosamygale grauvogeli)はタフそうに見えません。ただ古代種に分類されるので、通常のゾオンより数段タフです。

カイドウの部下がいった「どうなってんだ古代種のタフさ」を思い出してください。古代種全てに向けられたセリフです。このセリフから、古代種すべてがタフだと分かります。

ブラックマリアの場合、巨体+俊敏に加えタフさがあるので、ものすごい強敵です。ウソップとナミがまともに戦うには無理があります。

じゃあどうやって倒すのか?

意外な方法で倒せます。それはお玉のだんごを食わせること。現在、ウソップ・ナミはお玉と一緒にいます。お玉のだんごを口の中に入れれば、ブラックマリアは部下になります。

この手順で倒せる

・お玉はだんごを作る

・ウソップに持たせる

・マリアがウソップを捕食する

・ウソップが口めがけて、だんごを打ち込む

・マリアはだんごを食べお玉の部下になる