ワンピースネタバレ992 フーズーフーvsゾロ。

  • 2020年10月8日
  • 2020年10月8日
  • ゾロ
  • 219view
  • 0件
Pocket

確定ではなく私の予想。

992で、クイーンとドレークが衝突する。クイーンは、ドレークに向かってガトリング砲を放つ。ドレークは弾丸を弾くが、横からフーズー・フーが現れ、ドレークを攻撃。

ドレークはガトリング砲の弾を受けてしまう。

恐竜になろうとするが、変身できない。どうやら海楼石の弾を受けたようだ。

身体能力も低下し、覇気が使えなくなる。フーズー・フーはドレークに蹴りを入れ、トドメを刺そうとする。間一髪のところで、ゾロが止める。

フーズー・フーは「これは俺達の問題だ!部外者は引っ込んでろ!」とゾロに言う。ゾロは「試し切りにはちょうどいい」と言う。

 

流れをまとめると

・ドレークはクイーンの弾丸をはじく

・フーズーフーが乱入

・ドレークは弾丸を受ける「海楼石の弾を受ける」

・ドレークを狙うフーズーフー

・ゾロがフーズーフーを止める

フーズー・フーは古代種サーベルタイガーに変身

サーベルタイガーとなり、ゾロに襲い掛かる。俺は恐竜と思った。しかしサーベルタイガーとは意外だ。

フーズーフーの部下はネコが多いので、そこが伏線だったのか。フーズーフーは圧倒的なスピードでゾロを翻弄。そしてゾロの背後に移動する。そして自慢の牙で仕留めようとした。

ゾロは2本の刀で、牙を受け止め。フーズーフーの連撃に押されていく。ゾロ「なんて速さだ!目で追うのがやっとだ」、ゾロ「しかもパワーも段違いだ」。

フーズーフー「これが古代種の力だ。しかし嬉しそうだな」、ゾロ「ようやく見つかった。本気を出す相手をな!」、フーズーフー「俺も舐められたものだ!さっさと終わらせてドレークを殺す。そして最後は貴様だクイーン!!」

クイーンはフーズーフーを睨みつける。クイーン(フーズーフーの野郎。ここまで強くなったのか。だいぶ腕をあげたな。俺も本気でいかないと負けるかもしれん!)

クイーンはフーズーフーに対して、焦りと驚きを隠していた。もしかするとクイーンよりフーズーフーが強いかもしれない!

 

★フーズーフーの正体は

フーズーフーは脚を折りたたみ、嵐脚をかます。ゾロは驚き、刀で受け流した。ゾロ「この技は!CP9の!!」

フーズーフー「そうだ。よく知ってるな。俺は元々CPのメンバーだった」、ゾロ「!!」