世界政府はなぜゴムゴムの実を狙うのか?【ワンピースネタバレ177伏線考察】

Pocket

フーズフーは元々CP9でした。12年前、フーズフーはゴムゴムの実を護送した船を守っていました。しかし赤髪海賊団の襲撃によって奪われます。

奪われたゴムゴムの実はルフィが食べました。フーズフーは責任を取る形で、世界政府に投獄されます。そして脱走し海賊に。そしてゴムゴムの実を食べたルフィを恨みました。

世界政府はなぜゴムゴムの実を狙うのか?ジョイボーイの能力だったから

イムはルフィがゴムゴムの実の能力者だと理解しました。そして5老星に抹殺を命じます。なぜそこまでしてゴムゴムの実を狙うのか?

理由はジョイボーイの能力だったからです。ジョイボーイは800年前、イムと敵対していました。敵対する理由は思想が違うから。ジョイボーイは自由、イムは権力を唱えてます。最終的にイムが勝利し、権力の時代になりました。

しかしルフィがゴムゴムの実を食べたので、ルフィが2代目ジョイボーイになりました。ジョイボーイの復活は、政府にとって脅威。イムはルフィを殺してゴムゴムの実を奪うことを決意しました。ゴムゴムの実を奪えばジョイボーイは二度と現れないからです。

ゴムゴムの実は寿命を伸ばす!

ゴムゴムの実は手足を伸ばします。そして読者の間では寿命を伸ばすとも言われてます。イムと五老星は政権を維持するため、寿命を伸ばすことを考えています。そこでうってつけなのがゴムゴムの実。

オペオペと違い、数人の寿命を伸ばせるので、イムと5老星を延命させることができます。