ヤマトの悪魔の実は、キマイラ。百獣のヤマト【ワンピース伏線考察】

  • 2021年7月15日
  • 2021年7月17日
  • ヤマト
  • 130view
  • 0件
Pocket

1019話でヤマトが人獣型になりました。龍のような角が生えてるので麒麟説が濃厚になりました。一方でキマイラという声も出ています。

ヤマトの能力はキマイラ→ライオンの牙、龍の角

人獣型のヤマトは牙や角が生えています。牙と髪型は獅子【ライオン】を彷彿とさせます。様々な動物の特徴が出てるので、キマイラ説も有力になりました。特に角の生え方は父カイドウと同じです。おそらく龍の角だと思います。
またカイドウは百獣海賊団を率いています。しかしカイドウは龍なので百獣ではありません。百獣はヤマトを指してると思います。
ヤマトはキマイラなので百獣に当てはまります。カイドウはヤマトを後継者にするため百獣と名付けたと思います。
キマイラは頭部がオスのライオンです。そして神話ではキマイラの性別はメスとなってます。ヤマトは女性なので当てはまります。
またキマイラの父親テューポーンは最強生物です。カイドウは最強生物なので、こちらも該当します。

キマイラの実はベガパンクが作った悪魔の実

カイドウは過去に海軍に捕まりました。その時ベガパンクの研究所に連れていかれ、血統因子を抽出されます。しかしカイドウは脱出し、軍艦を数隻沈めました。その際、ベガパンクの研究からキマイラの実を盗んだと考察します。キマイラの実はベガパンクが作った悪魔の実で、複数の動物の力を宿しています。

しかし海軍にはロックス海賊団を壊滅させたガープやセンゴク、大将たちがいます。そのためカイドウは命がけで脱出しました。キマイラの実は苦労して手に入れたといったので、脱走で手に入れたことが分かります。