ゾロの父親は霜月牛丸(牛マル)【ワンピースネタバレ伏線考察】

  • 2021年8月29日
  • 2021年9月2日
  • ゾロ
  • 976view
  • 0件
Pocket

ゾロの出身地はシモツキ村。霜月一族が暮らす小さな集落。コウシロウも霜月家で、服に家紋が入ってます。BBSには何十年か前、ワノ国の船が東の海に来たそうです。

大勢の仲間と東の海に行き、そこでシモツキ村を作りました。コウシロウは、コウ三郎の息子にあたります。ゾロもシモツキ家の血を引いてます。

ゾロの父親は霜月牛マル

20年前、霜月牛マルという大名が、鈴後を治めていました。顔つきはゾロと似ています。大剣豪という点もそっくりです。
ゾロは霜月一族なのでゾロの父親だと考察します。康イエとコウシロウも霜月ですが、分家した一族になります。ゾロの三刀流はシモツキ家が3つに分かれたことを意味します。
またゾロの技には牛鬼という技があります。牛が付いてるので、牛マルが父親ということが分かります。リューマは隻眼の侍で、ゾロの先祖です。ヒョウじいは、ゾロの姿はリューマを連想させると言いました。
リューマは秋水を黒刀に変えてます。ゾロも閻魔を黒刀に変えると思います。
閻魔が黒刀になればカイドウに大きなダメージを与えることも可能です。
ゾロはワノ国出身なので、ワノ国の主役的立ち位置になりそうです。