カイドウはなぜワノ国にこだわるのか?その理由が判明!【ワンピースネタバレ1026伏線考察】

Pocket

カイドウはヤマトに対して「どこでもいいんじゃねえぞ。ここがワノ国だから居座ってんだ」と言いました。カイドウはなぜワノ国に拘るのでしょうか?今回はその理由を解説していきます。

自分を倒してくれるジョイボーイを待っている

20年前、光月おでんは釜茹での刑に処されました。おでんは死に際に、「20年後カイドウを倒す者は現れる」と民衆に伝えます。民衆達はおでんの言葉を信じ20年間待ち続けました。
カイドウもまた自分を倒してくれる者を待つため、20年間待ち続けました。おでんは20年後ジョイボーイが現れると残したので、カイドウを倒す者=ジョイボーイです。ただカイドウがどこでジョイボーイを知ったか明らかになってません。
カイドウは死こそ人の完成形だと考えています。おでんとの戦いで、死を望んでいました。しかし黒炭ヒグラシに邪魔され、カイドウが勝ってしまいました。
カイドウは20年後、ジョイボーイと戦って死ぬことを望んでいます。1度ルフィをジョイボーイと認識しましたが、敗れたことでジョイボーイじゃないと落胆しました。
しかしルフィは戻ってきてカイドウと再戦します。カイドウを追い詰めた時、ルフィをジョイボーイと認めるでしょう。
ワノ国に居座るのはワノ国=古代兵器を動かすカギだから
900年前、巨大王国は古代兵器を所有していました。すべて所有することで陸空海を支配できます。
巨大王国が敗北した後、ワノ国は鎖国します。鎖国した理由は古代兵器を動かすカギを守るため。
仮に政府が古代兵器を手に入れても、古代兵器を起動できません。カイドウが古代兵器を狙うのは、ワノ国に起動できるカギがあるから。
ジョイボーイは20年後、ワノ国に来る理由は、古代兵器を起動させるためです。ルフィはジョイボーイなので古代兵器を正しく使うでしょう。
ワノ国で古代兵器を起動できればレッドラインを壊せます。そして海が一つになるでしょう。